皮膚科を受診して自宅で正しい水虫治療

水虫は、白癬菌が皮膚の角質層に寄生することで発症する皮膚の病気です。水虫には、指と指の間にできる趾間(しかん)型や、土踏まずや足の端にできる小水疱型、足の裏やかかとが乾燥してひび割れる角質増殖型などがあります。爪にできる水虫を爪白癬といい、爪が白っぽくなるのが特徴です。水虫かなと思ったら早めに皮膚科にかかりましょう。
白癬菌は高温多湿な環境を好むので、水虫のほとんどは靴下や靴で蒸れやすい足にできます。汗をかきやすい季節や、仕事で靴を履いて過ごす時間が長い人は、水虫治療の妨げになってしまいがちです。白癬菌が繁殖しやすい環境にならないように気をつけて下さい。
自宅で水虫治療でする時に気をつけることがあります。水虫の原因となる白癬菌は、体から剥がれ落ちた皮膚にも生きており、自宅のバスマットやスリッパを家族で共用していると家族間で感染しやすくなってしまいます。とはいえ、白癬菌が皮膚に付着すると必ず水虫になるわけではありません。白癬菌が好む条件が揃っている場合に繁殖し、水虫になります。水虫治療を自宅でする時は、角質に傷をつけないように気を付け、足を清潔に保ち、蒸れを防いで常に乾燥を心がけることで感染を予防することができます。
水虫は完治させることが大切です。水虫の種類によって最適な薬で治療をする必要があります。水虫の疑いがある場合はすみやかに皮膚科で診察を受け、出来るだけ早く治療を開始して下さい。症状がなくなっても、白癬菌が死滅するにはさらに時間がかかります。水虫治療は皮膚科の医師の診断のもとで行い、薬は最後まで使い切るようにして下さい。表面的に治ったように見えても白癬菌が生きている場合があるので自己判断は禁物です。