爪皮膚科で行う爪白癬の水虫治療について

水虫には様々な症状がありますが、その中に爪白癬があります。爪白癬は白癬菌が原因の病気であり、それは爪の中に白癬菌という生きた水虫菌が爪の中で活発に繁殖している状態を指します。元々白癬菌はカビの一種であり、それは日常生活においても角質や爪、また、髪の毛などに住み着いて感染症を引き起こします。爪に発症とした場合には爪皮膚科での水虫治療が必要となり、放置をした場合には、例えば、家族や身近な人に移したり、爪白癬に侵された部分は症状が悪化し、爪が厚く濁ってきたり、筋が沢山通ってきたり、また、爪の廻りに炎症が起きたりと、爪の見栄えだけでなく、日常生活においても支障をきたす場合があります。
爪皮膚科で行われる水虫治療としては、爪の状態によって、飲み薬か塗り薬による治療が行われており、そこでは、血液検査による副作用のチェックがまず最初に行なわれています。爪は硬いために、白癬菌はその奥深くまで繁殖をしている場合が多く、そのために市販の塗り薬やスプレーなどでは爪の中まででは浸透しにくく、有効成分が届かないことになります。爪皮膚科で専門的に水虫治療を受けることにより、症状にあった対処をすることができ、確実な治療を行うことができるようになります。
治療においては、軽~中程度の症状であれば飲み薬か塗り薬での治療が行われ、重度の場合には飲み薬が処方されます。飲み薬の場合には薬の成分が血流にのって爪まで運ばれ、爪の中から白癬菌に採用して死滅させる効果があります。服用期間としては、概ね、3~6ヵ月が目安となっており、効果が現れてくると新しい爪に生え替り、水虫もゆっくりと治っていきます。水虫治療で大事なことは、まず、専門家である爪皮膚科の診察を受けるということと、完治するまで続けることが必要であり、治療を一時中断してしまった場合には再発の可能性が高くなります。