水虫治療で靴の代わりに健康サンダルが有効です

水虫治療では根気よく薬を塗るのと並行して足を清潔にし乾燥させることが不可欠ですが、足が蒸れないからと、靴の代わりに健康サンダルを使う人がいます。まず、健康サンダルは突起があって足の裏を刺激してくれるものですが、これ自体は水虫治療に何か関係があるとは言えません。もし足の裏に汗をかくほどだとすれば、高温多湿を好む水虫菌をかえって活発にしてしまいますが、そうでもない限り特に関係はありません。健康サンダルは普通の靴と違って通気性がよいので、その点は水虫治療に効果的です。通気をよくするためには素足の方が、よりよいからとくつ下をはかないまま使う人がいますが、これは職場ではやらないべきです。というのは、水虫菌は非常にうつりやすく、あっという間に広まってしまうものだからです。素足でサンダルだとその心配が否めないのでやはりくつ下をはいているべきでしょう。サンダルをはいていることのメリットの一つは、薬をつけるのが簡単だということです。たとえ仕事や外出先であっても、がまんできないほどかゆくなってしまうことがありますが、その際にサンダルだとさっとつけることができます。1日仕事をしていると何度もつけることが考えられますから、少しでもつけやすいのが効果的なのです。はいているくつ下も少しでも蒸れないものを選ぶべきなので、木綿のものなどがよいでしょう。ところで、職場で健康サンダルを使える場合はよいのですが、ずっと靴をはいていなくてはいけない仕事だと水虫治療にはよくないですから、家に帰ったらすぐに、靴だけでなくくつ下も脱ぎ、特に足の指のあいだを丁寧に洗ってよくふき、そして乾燥させることが大事です。薬をつけた後は素足でいればよいのですが、今度は家族に水虫菌をうつしてしまいます。家庭でもそのことには気をつけながらやっていくのがよいでしょう。